パソコンを楽しむ会からのお知らせHP作成委員会からのお知らせサイト内検索掲載情報1わがまちについてまちのお知らせまちの主な行事過去の行事トピックス福祉のまちづくりまちのアルバム子ども会の活動同好会の紹介お役立ち情報皆さんからの投稿動画地図広島市からのお知らせ緊急のお知らせ区役所からのお知らせリンク集

HP委員会へ!


*問い合せ*
*会員登録*
*投   稿*
(毘沙門台HP作成委員会)
メールには住所・氏名・電話番号を記入して下さい。

 

ログイン

アクセスカウンタ

COUNTER357429

オンライン状況

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
登録ユーザー152人

プラン完成報告会



「福祉のまちづくり」プラン完成報告会

 平成19年度より2年間にわたり討議された「毘沙門台福祉のまちづくり」プランが出来上がり、
その報告会が6月6日午後1時より毘沙門台小学校図書室で開催されました。
最初に佐々木会長より挨拶が有り、続いて林プラン策定委員長より報告書の概要説明がなされた。
 毘沙門台も昭和49年11月より入居が始まり30余年が経ち、かなり高齢化が進んでいる。
毘沙門台全体では、65歳以上の高齢者は1615名で年齢構成比率は23,7%と成っているが、
第一町内会のみで見ると、893名で29%と成っている。
 また、1人暮らしの方が132名も居られる現状を踏まえながら討議を行い「福祉のまちづくり」実現のため、下記の4項目を重点的に推進することを説明された。
    (1) 高齢者見守りネットの構築
    (2) コミュニティの充実と情報の共有化
    (3) 地域の安心と安全の確保
    (4) ボランチィア育成支援の強化
 続いて5月に実施された「福祉とボランティア」に関するアンケート結果を,土井地域福祉推進委員
より報告がなされた。
アンケートの回収率は22%でまだまだボランティアに感心が薄い感がしますが、ポランティアをした
い人も69名おられた。ポランティアをするにも、どの様な事をするのか、良く判らない人々の為に
 「ポランティア研修会」を開催する予定で、その趣旨と日程が永山社協事務局長より報告された。
報告会は1時間30分と短い時間の為、あまり余裕もなく意見交換は,各町内会長より挨拶と報告書
に付いての感触を話された。
 本報告書は、今から製本されて各家に配布されるので、各自が内容を把握されると共に「ポランテ
ィア研修」等で「福祉のまちづくり」の議論が、より一層濃度の高くなり具体的な取り組みが見えて来るだろう。
 最後に牧原民児協会長の閉会の挨拶が有り、本報告会は終了した。


福祉のまちづくりに戻る。