パソコンを楽しむ会からのお知らせHP作成委員会からのお知らせサイト内検索掲載情報1わがまちについてまちのお知らせまちの主な行事過去の行事トピックス福祉のまちづくりまちのアルバム子ども会の活動同好会の紹介お役立ち情報皆さんからの投稿動画地図広島市からのお知らせ緊急のお知らせ区役所からのお知らせリンク集

HP委員会へ!


*問い合せ*
*会員登録*
*投   稿*
(毘沙門台HP作成委員会)
メールには住所・氏名・電話番号を記入して下さい。

 

ログイン

アクセスカウンタ

COUNTER357394

オンライン状況

オンラインユーザー45人
ログインユーザー0人
登録ユーザー152人

第34回毘沙門台ふれあい運動会



第34回(平成23年)毘沙門台ふれあい運動会 

 絶好の「運動会日和り」に恵まれ、去る5月15日(日)毘沙門台小学校で恒例の「毘沙門台ふれあい運動会」が開催されました。この運動会は学区体協と社協・町内会が主となり、団地内のほとんどの団体を取りまとめ総力を結集して行なう、伝統の大イベントです。
 開会式は地元に関係の深い来賓をお迎えし、手順に従って参加者全員の入場行進で始まりました。先ずこの度の東日本大震災の犠牲者に黙祷をささげた後、国旗掲揚、実行委員長の挨拶、来賓(毘小校長、児童館長、安東公民館長、区スポーツセンター・・・等々)の紹介等があり、来賓を代表して毘沙門台小学校長より祝辞を頂きました。続いて競技上の注意、小学生による選手宣誓、最後に全員で準備体操をし競技に備えました。
 
競技は小学生3・4年生による「徒競走」で始まりましたが、午前と午後の部に分かれ全部で18競技ありました。競技種目は「老いも若きも」「男も女も」団地住民のどの年齢層でも参加できるよう、主催者の工夫・ご苦労の跡がうかがわれました。
 とくに小学生の出場できる種目は人気があり、数も多くバラエティーに富み、どの子も景品片手にニコニコ顔でした。

                         

  幼児、園児が親子一緒に演じる「遊戯」や「玉入れ」の競技は微笑ましい限りです。また熟・老年向けに「昔取った杵柄」を発揮しり、体力を考慮した種目もありました。
 女子および男子対抗リレーでは一段と声援が大きくなり、真剣な顔で全力疾走する児童・お母さん・お父さんの頼もしい姿もありました。
 最終競技は男子対抗リレーで怪我人もなく無事に全種目を終了しました。                                                     
              (写真 HP委員 永山)
                                                                                                      
 
 競技出場者全員に景品が用意され皆さん大いに楽しまれ、満足されたことでしょう。 閉会式の後、運動会実行委員の方はさらに後片付けです。体協をはじめお世話をいただいた多くの関係の皆様、お疲れさまでした。                                         
 ふれあい運動会も「老齢化でお世話をする人がいない」「競技種目もマンネリ化しているのでは?」「参加者が少ない」等々の声もあると聞いています。しかし「継続していること」「継続出来ていること」を大切に思います。団地の歴史とほぼ同じ伝統を持ち、来年には35回目となる「毘沙門台ふれあい運動会」を皆でさらに盛り上げ楽しみたいものです。
 
 お世話をいただいた関係諸団体名を下記します。改めて関係の皆さんのご苦労に感謝し、
敬意を表したいと思います。
 
 ◎ 主催   (毘沙門台ふれあい運動会実行委員会)   
         学区体育協会・学区社会福祉協議会
         毘沙門台町内会・第二毘沙門台町内会・毘沙門台東町内会 
 
 ◎ 協賛  子ども会連合会、 毘沙門台小学校PTA、 青少年健全育成協議会
         老人クラブ連合会、民生委員児童委員協議会、公衆衛生推進協議会
         防犯組合 (プログラムより) 

                                      (HP委員 船岡)