はすが丘自治会ホームページ
住む町を愛し、日々の生活を心豊かに過ごしたいと願う住民一人ひとりの気持ちが、ふるさとを育み、街をよりすばらしいものにしています。はすが丘を希望と笑顔のあふれる街に・・・・・夢・ロマン・希望・絆の街・はすが丘
はすが丘へようこそ・・・      絵文字:出張 絵文字:出張 絵文字:出張
 

いらっしゃい あなたは

70864人目の訪問
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
345号.pdfはすが丘ニュース 最新号・・・ 
 ↓↓をクリック↓↓してね
    345号.pdf
 
子ども会ニュース 
↓クリック↓↓クリック
   
 

☞やめようよ 勇気の一言☜

 

自治会館


 

町内の花


 

町内の花


 

公園


 

太田川と芸備線


 

わが町の歴史


貞観6年(863年) 安芸の国 に安芸郡が置かれる。平安中期に、南部が安南郡、北部が安北郡に分割される。永久2年(1220年)武田信光が安芸の守護となる。寛文4年(1664年)幕命により、安南郡は安芸郡、安北郡は高宮郡と改称される。 

 明治4年(1871年)には、戸長制度があって、所轄地域にも大小区と呼ばれる制度があり矢口村・小田村は、岩上村と三川村の東野・中筋を含めた区域でもって第66区(大区)を形成していた。

 明治5年(1872年)に、岩上村が当時の諸木村、末光村、玖村と合体して第7小区を形成し、矢口村、小田村は、三川村(東野・中筋)とともに第8小区を形成していた。

  明治17年(1884年)の連合戸長役場が矢口村に設置され、幾多の制度の変遷の後、明治22年(1889年)に施行された町村制度により、新しく口田村が誕生し、これまでの連合戸長役場がそのまま口田村役場となった。この時の高陽地区には口田村のほかに狩小川村、深川村(落合は深川村に含む)が同時に誕生した。口田村の村名は高宮郡矢口村と小田村が合併した時、矢口村の「口」と小田村の「田」を併せて命名された。、また、この矢口村について「藝州安北郡八口村」とあり、矢口の初めには家八軒あって「八口」と称したものが後に「矢口村」と称するようになったと伝えられている。

 昭和30年(1955年)には周辺の狩小川村、深川村、落合村と合併して高陽町となり、口田村の歴史は終わり、昭和48年(1974年)には広島市に編入して「広島市高陽町」となった。昭和55年(1980年)区制施行により「広島市安佐北区高陽町」になり、昭和61年(1986年)住居表示が実施され、今日に至る。