はすが丘自治会ホームページ
住む町を愛し、日々の生活を心豊かに過ごしたいと願う住民一人ひとりの気持ちが、ふるさとを育み、街をよりすばらしいものにしています。はすが丘を希望と笑顔のあふれる街に・・・・・夢・ロマン・希望・絆の街・はすが丘
はすが丘へようこそ・・・      絵文字:出張 絵文字:出張 絵文字:出張
 

いらっしゃい あなたは

70855人目の訪問
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
345号.pdfはすが丘ニュース 最新号・・・ 
 ↓↓をクリック↓↓してね
    345号.pdf
 
子ども会ニュース 
↓クリック↓↓クリック
   
 

☞やめようよ 勇気の一言☜

 

自治会館


 

町内の花


 

町内の花


 

公園


 

太田川と芸備線


 

ボランティアバンク運営規約

口田東地区社会福祉協議会ボランティアバンク運営規約

 

(名称)

1条 この会は、口田東地区社会福祉協議会ボランティアバンク(以下「ボランティアバンク」という)という。

 (目的)

2条 この会は、口田東地区住民が、健康で安全・安心・快適な生活ができる環境づくりを支援することを目的とする。

 (参加者の登録)

3条 この会の目的に賛同し、ボランティアバンクに参加する者は、「ボランティアバンク登録申込書」(別紙1)を口田東地区社会福祉協議会ボランティアバンク活動要綱第3条に定める「支援活動委員会」へ提出する。

  2・ 支援活動委員会は、受理した申込書を運営委員会へ送付するとともに、ボランティアバンクに登録(以下「登録者」という)する。

  3・ 登録者は、登録者の所属する自治会、町内会(以下「自治会」という)で組織される口田東地区社会福祉協議会○○お助け隊(以下「お助け隊」という)の会員とする。

(運営委員会)

4条 この会の運営、活動等に関する事項を審議、決定する機関として「運営委員会」を設置する。

  2・運営委員会の構成は、次のとおりとする。

   (1)社協拡大事務局会議構成員

   (2)民生委員児童委員(代表者)

   (3)各支援活動委員会会長

  3・運営委員会に次の役員を置く。

     会長  1名  副会長  1名  事務局員  1

  4・運営委員会は、ボランティアバンクを総括し、支援活動の内容、適否等及び検討を要する重要事項の審議、決定をする。

 (支援活動の内容)

5条 この会の目的を達成するために、次の活動を行う。

   (1)口田東地区の公共施設の美化等支援活動

       公園、歩車道、街路等の清掃、美化、管理・・・

   (2)地域組織の支援活動

       児童生徒の見守り等

   (3)個別家庭の支援活動

      イ・高齢者所帯を原則とする

      ロ・家庭内外の整理、清掃等

   

(4)その他、この会で必要と認められる支援活動

 

(支援活動の範囲)

6条 支援活動は、各自治会内の活動を範囲とする。

  2・登録者は、第5条(支援活動の内容)の内から支援活動の内容を選定する。(複数も可) 

 

(支援・相談の申込)

第7条 支援、相談を要望する者は、所属自治会の「支援活動委員会」に申し込みをする。

 (要望の対応)

第8条 支援活動委員会は、支援、相談の要望があったときは、内容を審議し、活動の適否を決定のうえ活動する。

  2・要望の内容について、適否の判断が困難な時は、運営委員会で協議する。

 (守秘義務)

第9条 運営委員、支援活動委員会および登録者は、支援活動を通じて知り得た個人に関する情報で、支援に関する情報以外の情報は、絶対他言及び他の目的に使用してはならない。

 (経費の負担等)

第10条 ボランティアバンクの運営に必要な費用は、社協が負担する。

  2・支援活動に要する諸経費は、原則として要望者の負担とする。

  3・要望者からの謝礼金品は、受領しない。

 (傷害保険)

第11条 登録者は、活動中の怪我や第三者に怪我等の損害を与えた場合に備えて、ボランティア保険に加入する。これに必要な費用は、社協が負担する。

  2・活動中における自家用車の交通事故は、自己責任とする。

 (規約の改廃)

第12条 この規約を改廃するときは、社協の総会において出席者の過半数以上の同意を得なければならない。

  2・この会の運営に必要な諸事項は、別に定める。

 

 (附則)

 この規約は、平成20年12月13日より施行する。