まちづくり推進協議会のページです
 
■ 「家庭ゴミ」についてのお願い
  佐伯区公衆衛生推進協議会の研修会が開かれました。「家庭ゴミ」についてのお話でしたので、その内容をお知らせいたします。
 
    Ø 生ゴミを出すときは、必ず「水切り」を。
       野菜・果物の皮などは水に濡れたままにしないで、新聞紙に包むなどしてください。
         (収集車の中の2割は水です。)

Ø 「食べずに捨てない!」「買ったものは大切に!」

(捨ててある物で多いのは、うどん・納豆・豆腐)

Ø 「ゴミを100g減らす」ことを心がけてください。

100gというと卵2個ぐらいの量です。

Ø 家庭から排出されるごみで、「まだ食べられるのに捨てられているゴミ」の量は、広島市全体で年間100万トンにも及びます。

Ø ゴミになるような、余分な物は、買わない!家に入れない!

Ø 一度買ったものは、繰り返して使う。(「モッタイナイ!」の精神)

Ø 家庭ゴミは8種類に分別して出してください。

                 以上、皆さんのご協力をお願いいたします。